生ゴミ処理機のおすすめ3選|生ゴミ乾燥機やハイブリット式など生ごみの処理をしてくれる機械

生ゴミ処理機

おすすめ①:ルーフェン

製品名 ルーフェン
値段 60,192円
(2,508円/月 ×24回)
公式サイトでさらに1万円OFF
処理方式 乾燥式
(1回の処理:1〜8時間程度)
中身を取り出す頻度 使用の都度
騒音レベル 30db
(深夜の郊外レベル)
脱臭方式等 活性炭フィルター
消費電力 50〜130w
送風時:10w
約20円/日
室内設置
販売実績等 100万台
良い口コミやメリット

・値段のコスパが良く、高い販売実績を持つ

・乾燥式だが、騒音・ニオイ・電気代の対策がされている

注意点やデメリット

・乾燥式のため、処理後は都度中身を捨てる手間がある

・1万円OFFクーポンは公式サイトのみ

ルーフェンの特徴

・100万台の販売実績があり生ごみ処理機の中でもメジャーな製品の一つで値段も抑えられている

乾燥式のデメリットであった騒音・ニオイ・電気代がかなり対策されており、いずれも気にならないレベルに

・乾燥式のため処理後は都度中身を捨てる手間があるが、数秒の手間であり大きなストレスにはならない

ルーフェン 公式サイトを見る

おすすめ②:ナクスル

製品名 ナクスル
値段 123,200円
処理方式 ハイブリット式
中身を取り出す頻度 2ヶ月〜1年に1回程度
騒音レベル 23.2db
脱臭方式等 ハイブリット脱臭
消費電力 60w
室内設置
販売実績等 15万台
良い口コミやメリット

・ハイブリット式の新しい生ゴミ処理機

・中身を取り出すのは2ヶ月〜1年に1回程度とかなり楽

注意点やデメリット

・値段は安くない

・返金保証はバイオ剤開封前に限るため、あまり現実的ではない

ナクスルの特徴

・ハイブリット式の新しいタイプの生ゴミ処理機

・値段は安くないが、中身を取り出す頻度が低く、騒音・ニオイ・電気代が気になりにくい

ナクスル 公式サイトを見る

おすすめ③:バイオクリーン

製品名 バイオクリーン
値段 99,000円
処理方式 バイオ式
中身を取り出す頻度 1〜2ヶ月に1回程度
騒音レベル 連続運転時:36db
脱臭方式等 複合微生物脱臭
消費電力 最大170w
室内設置 基本は屋外
販売実績等 2万台
良い口コミやメリット

・生ゴミ処理後は良質な堆肥(コンポスト)となる

・中身を取り出すのは1〜2ヶ月に1回程度

注意点やデメリット

・基本は屋外設置となり生ゴミを運ぶ手間がある

・販売実績はまだそこまで多くない

バイオクリーンの特徴

・生ゴミ処理後は良質な堆肥となり、有機栽培にも使いやすい

・屋外設置となり生ゴミを運ぶ手間があるがあるが、そこをクリアできれば良い選択肢の一つ

バイオクリーン 公式サイトを見る

おすすめ3選の比較

製品名 ルーフェン ナクスル バイオクリーン
値段(税込) 60,192円 123,200円 99,000円
処理方式 乾燥式
(1回の処理:1〜8時間程度)
ハイブリット式 バイオ式
中身を取り出す頻度 使用の都度 2ヶ月〜1年に1回程度 1〜2ヶ月に1回程度
騒音レベル 30db
(深夜の郊外レベル)
23.2db 連続運転時:36db
脱臭方式等 活性炭フィルター ハイブリット脱臭 複合微生物脱臭
消費電力 50〜130w
送風時:10w
約20円/日
60w 最大170w
室内設置 基本は屋外
販売実績等 100万台 15万台 2万台

当サイトの最もおすすめは「ルーフェン」です。

高機能の生ゴミ処理機の中では値段がリーズナブルであり、騒音やニオイの対策もされた製品です。

乾燥式であるため使用の度に乾燥した中身を捨てる手間がありますが、数秒の作業でありそこまで大きなストレスとはなりません

また、ルーフェンは助成金支給対象品目であるため、自治体によってはさらにお得に購入することができます(参考:公式サイト より)。

ルーフェンのコスパは本当に良い?

ルーフェンは乾燥式の生ゴミ処理機であり、ハイブリット式やバイオ式と比較して購入時の値段が安くなっています。

一方で乾燥式は電気代が高くなる傾向があり、ランニングコストを考慮するとコスパが必ずしも良くないのが一般的ですが、ルーフェンの場合は電気代も1日20円程度とかなり改善されたコスパの良い設計となっています。

なお、気温が高くなるシーズンは生ゴミ処理機も繁忙期といえる時期で人気も高まります。在宅時間が増えている人も多く、今の時期は早めに在庫を確保しておくのがおすすめです。

\今なら公式サイトでさらに1万円OFF/ルーフェン 公式サイトを見る


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました