キノット除菌の口コミ、評判はどう?|高い効果とメリット・デメリット

レビュー

次亜塩素酸水を成分とする除菌水のキノットについて、口コミや評判、メリットやデメリットなど確認していきます。

キノットの良い口コミ・評判とメリット

まずはキノットの良い口コミや評判を確認していきます。

幅広い用途にこれ1本で

キノットのメリットは何と言ってもその用途の幅広さです。多くの目的に使える点については良い口コミが多いのが次亜塩素酸水の特徴です。

手指の除菌や消臭、空間除菌に至るまで様々な用途での利用が可能です。

小さなお子様のいる家庭では、ベビー用品への除菌も大切です。次亜塩素酸水の強力な除菌力を使って、お子様の安全を守ることができます。

また、日々の疲れを癒すお風呂場がウイルスに汚染されていてはいけません。次亜塩素酸水を使って殺菌しておけば、安心して入浴時間をとれるようになります。

ウイルス対策から消臭、室内のカビ対策に至るまで、多くの用途に用いることができる次亜塩素酸水で安心した生活を送れるようになります。

高い安全性で安心して使用できる

キノットの成分である次亜塩素酸水は非常に安全性が高いことも知られており、この点についても良い口コミが多いです。

次亜塩素酸水は電解酸性水とも呼ばれ、塩酸や食塩水を電解することにより得られる次亜塩素酸が主成分となっています。

ほぼ全てのウイルスや細菌に除菌効果があり、アルコールでは除去しきれないウイルスも殺菌できる上、有機物に触れるとすぐ水に戻る性質から、食品添加物としても使用されており、万が一体内に入ったとしても無害です。

一般的な消毒液と比べても安全であり、肌に付いても安全なので、色々なものに触れてしまう子供や赤ちゃんのいる家庭、調理器具などを除菌することの多い高齢者の介護施設などでも幅広く使用されています。

また、殺菌効果の他に消臭効果もあり、ペットのいる家庭や病院でも、気軽かつ安全に使いやすいアイテムです。

スプレーボトルもおしゃれ

容器がかわいいといった口コミもあるのがキノットの特徴です。

初回の購入でスプレーボトルがプレゼントされますが、このスプレーボトルがおしゃれで機能性も高いものとなります。

希釈する際にガイドとなるメモリもついているため、デザイン性だけでなく、実用性も優れたボトルです。

キノットの悪い口コミや評判はある?デメリットや欠点は?

キノットは現時点では悪い口コミや評判はあまり見られませんが、次亜塩素酸水自体にはいくつは不安や疑問に思うような口コミや、デメリットと言える点もあります。

本当にウイルスにも効果があるの?

キノットに限らず、このように次亜塩素酸水の効果に対して疑問や不安を持っている人は多いようです。

しかし、次亜塩素酸水は食塩を水に溶かしたものとして知られており、細菌やウイルスを不活化する効果を持っており、その作用については、厚生労働省も除菌水の1つとして推奨しているのが特徴です。

また、新型コロナウイルスに対しては、漂白剤の成分である次亜塩素酸ナトリウムが厚生労働省からも消毒液として推奨されていますが、次亜塩素酸水は、次亜塩素酸ナトリウムと同等以上の除菌力・抗ウイルス活性があることが知られています。

さらに次亜塩素酸水は水に触れると水溶液となることも特徴であり、無害なものとなることから非常に取り扱いがしやすいことも特徴となっているため、一般的な医療機関でも非常に広く利用されています。

保存性に関してはデメリットあり

キノットに限らず、次亜塩素酸水は全般的に保存性に関してデメリットがあります。

まず注意すべきなのは、日光や紫外線を避けることです。次亜塩素酸水は紫外線で分解されてしまうため、日光に当たると効果を失ってしまいます。遮光性のある容器を用い、直射日光が当たらないところで保管しましょう。

また、次亜塩素酸水は紫外線に関係なく少しずつ分解されてしまいますので、できるだけ空気に触れにくい密閉容器を用いるのも大切です。さらにこのとき、温度が高いほど早く反応し、次亜塩素酸水が分解されていきます。そのため涼しい場所で保管することでより長持ちさせることができます。

キノットは希釈して使用する必要がある

もう一つ、キノットのデメリットと言える点は、個別除菌、空間除菌いずれにおいても希釈して使用する必要がある点です。

次亜塩素酸水は、希釈する際にはどうしても水道水の少量の雑菌に反応したり、水道水のpHによって効果が落ちる可能性があり、この点はキノットの欠点とも言えます。

キノットはスプレーボトルで使う場合は5倍〜10倍、空間除菌で使う場合は10倍に希釈して使用します。

もし、効果や安全性、保存の面から希釈して使用するのを避けたい場合は、最初から希釈されている製品で代用するのも良いでしょう。

希釈しなくて良い次亜塩素酸水は?

次亜塩素酸水を希釈せずに使用できる製品も何種類かありますが、キノットと同様に定期購入の形のものでは、「除菌水ジーア」などが挙げられます。

こちらは最初から60ppmの濃度に設定されており、個別除菌、空間除菌のいずれにおいても、工場から生産された製品のそのまま使用することができ、次亜塩素酸水の劣化による心配、誤った濃度の使用による危険性もありません。

定期購入の形となるため、当面の在庫切れの心配もなく、除菌水が品薄になる可能性のあるこの時期には向いている製品です。

現時点では除菌水ジーアも在庫があるようなので、希釈せずに使いたい場合は選択肢の一つになります。

\在庫のあるうちにウイルス対策を/除菌水ジーアの公式サイトへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました